Adult Students

2021年度からの変更点1

IOCとIOPの廃止

これまであったIOC(Individual Oral Commentary)とIOP(Individual Oral Presentation)がなくなり、2021年度からは「グローバルな問題に基づく作品の比較分析」が課題となりました。作品の構造やレトリックの分析が重要となります。

 
Image by Nicole Honeywill / Sincerely Me

2021年度からの変更点2

Written Assignment(課題論文)の廃止

今までSelf-taught(自己学習履修生)に課せられていた課題論文(Wirtten Assignment)が撤廃され、その分試験問題への配点比率が大きくなりました。文学技巧のスキルの習得がこれまでよりいっそう重視されます。

 
Adult Students

2021年度からの変更点3

文学形式の多様化

試験問題では、小説、随筆、詩、戯曲の4つの文学形式から問題が出されます。したがって、生徒はこうした様々な文学形式を学ぶ必要があります。